1. TOP
  2. 40歳のオヤジの強さ!~佐々木基樹の戦い~

40歳のオヤジの強さ!~佐々木基樹の戦い~

もはやタクシーブログじゃねぇーじゃん!

と言う突っ込みがあったとしても迷わずスルーもちろん、ちゃんとタクシーのこと書きますよ・・・そのうち・・・

久しぶりに水道橋にあるボクシングの聖地、後楽園ホールに行ってきました。

後楽園ホール

本日は残念ながら現在は友人となってしまっている(笑)

元対戦相手の佐々木基樹の復帰戦を見に久しぶりに後楽園ホール。

 

佐々木は私と同い年の40歳

ボクシングルール規定では年齢制限が37歳だが

彼は日本ベルト✕1、東洋太平洋✕2のタイトルホルダーなので

最後の試合から3年以内であれば、プロのリングに復帰が許されている。

 

試合には現職場の蔦交通にて大変お世話になっている

お世話と言うか恩義を感じているK先輩と

タクシー会ではカリスマドライバーとして名を馳せ

かつ現在武蔵野市市議会議員として多方面で活躍されている

下田大気さんが応援に駆けつけてくれた。

お二方共にご多用の中、応援に来てくださって感謝!!

 

ちなみに佐々木とやった時の写真(黒パンが私)

佐々木基樹に殴られる 左と右

 

A級になると計量時に立会が必要だったりする。

お互いの陣営が体重をチェックする意味合いもあるのかね(わざわざ見ないけど)

 

その計量時に対戦相手の宮崎選手に挑発される佐々木

宮崎辰也の佐々木への挑発

あらら、、中指&舌出して挑発されちゃってたのね

宮崎辰也の佐々木へのガンつけ

メンチ切られてますねぇ(笑)

宮崎選手のメンチに困る佐々木基樹

もはや困ってますね・・(^^;)

 

他人がやる分には全く問題ないけど

俺はあまりこう言うの好まない。

ただ格上の佐々木とやるのに宮崎選手も自分を奮い立たせていたのかも知れない。

こう言うのが好きで盛り上がる人もいるし

本人も盛り上げるのに頑張っていたのもあるのかも・・・・・・

 

まぁ俺的な考えでは、ボクシングは分かりやすいくらい結果が出るもの。

実力もないハッタリ野郎が居座れる様な世界ではない。

無論負けはしたが真剣勝負に堂々と挑んだ宮崎選手をハッタリ野郎と言っている訳ではない。

 

ただし、分かりやすい結果が出る分、何もこんな事する必要はないんでないの?

と言うのが俺の考え方。粋がっても静かでも結果は出ますから。

もちろんこう言う盛り上げ方もありなんだとは思うが。

 

試合の結果は佐々木の6RKO勝利!

宮崎辰也の佐々木への挑発

順当と言えば順当だけど

相手の宮崎選手はパンチもあり根性もあった選手だったので

一発貰うだけでひっくり返る怖さがボクシングにはある。

 

サッカーはサッカーでもちろん凄いと思ってますよ。

ただサッカーなら3対0で残り15秒とかで逆転はありえないですよね。

それがボクシングならたった一発のパンチで起こりうる。

 

はじめっからボクシングの引き出しの多さに違いがあったので

ある程度安心して見てられましたが、

相手もパンチがあるだけに、やはり友人の試合はハラハラする。

まぁとにかく結果だけが全て、これはボクシングに関係なく言えること。

 

自分に対しては結果だけを求める。

他者に対しては、過程を見てあげたいし

プロセスがあってこその結果であろう。

 

最後に佐々木がインタビューで「僕はボクシング中毒です。」と応えていた言葉が胸に響いた。

ボクシングの虫に刺される。 ボクシングジャンキー。

色々な表現があるが、その精神状態は俺には良く分かる。

ボクシングでしか味わえない高揚感と感覚があるのは間違いない。

 

しかし数年も経ち、リングの上で戦うボクサー達を見ると

自分自身があのリングの上に立っていた事が、

現実感のない夢の中の出来事の様に感じられた。

ちなみにまたブログにも書こうと思いますが、

タクシー運転手と言うのは海馬の発達する業種である事が判明されている。

 

つまり幾つになっても課題があり、成長は出来ると言う事ですね。

正直ある一定レベルの奴等はどの職種でも

物事の道理や結びつきなど考えられない奴が多くて話していて面白くない奴が多い。

 

一度、企画やマニュアル作成など物事を細分化して行うものを

己で行ってみたらどうだろうか・・・・・何気に難しいから

 

そうすれば、色々な関連性に気付けるし

そして何より他人に対する感謝の気持ちが芽生えると思う。

それはきっと、誰よりも自分の為になる事に間違いないだろう。

 

もちろん、そう言う奴等が、

安全で楽な場所に胡座かいて何年も同じ場所にいようが、

俺は一向に困らないので全くもって構わないが(笑)

 

お読み下さりありがとうございます。
タクシーと全くもって関係ない内容ですが、

この記事がお気に召しましたら
下記の2つをクリックして応援していただけると嬉しいです。
[icon image=”arrow4m-g-b”][icon image=”arrow4m-g-b”][icon image=”arrow4m-g-b”]
ドライバー ブログランキングへ
にほんブログ村 その他日記ブログ 運転手・ドライバー日記へ
にほんブログ村
質問や感想などお気軽にコメントどうぞ。

\ SNSでシェアしよう! /

現役タクシードライバー(東京23区)の楽勝日誌!の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

現役タクシードライバー(東京23区)の楽勝日誌!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

atsushi♪

コメント

  1. しば より:

    お疲れ様です

    黒パンのAtsushiさん、、、恐そうっす。。
    年齢が私と同じだったのですね!昭和50年ですよね?

    ボクシングでの、試合前の挑発ってのは、お約束ごとなのかと思っておりました。
    亀田兄弟の時もそうでしたが、私もあまり好きじゃないんですよね。
    目上の人への敬意は、どんな事でも欠かしてはいけないと思います。
    それが実力主義の世界でも尚更。

    1. atsushi♪ より:

      しばさん、コメントありがとうございます。

      > 黒パンのAtsushiさん、、、恐そうっす。。

      いやいや優しい男の子ですよ(笑)
      そうです昭和50年の同い年です。

      亀田が有名だからそう思われてしまうかもですね。
      確かに色々なボクサーがいます。
      海外では結構試合前の罵倒と言うかバトルあります。
      日本では少ないですし、ウケは悪いですね。

      それは日本人としての良さでもあると思いますし
      国民性ではあると思うのですが

      ただそれでもあえて行った宮崎選手の心意気もあるかと思います。
      ボクサーとして佐々木とまともにやっても勝てない。
      何とか打ち合いの自分の土俵に持ち込みたい。
      佐々木がここで感情的になってくれれば宮崎選手としては
      占めたものと言う考えもあったのかも知れません。

      盛り上げる為や、自分を奮いたたせる意味もあったとは思います。
      受け流され佐々木には通用しなかった訳ですが、、、

      真っ正直タイプの私としてもあまり好みではありませんが、
      宮崎選手は宮崎選手なりの考えがあったのだと思います。

      礼儀と言う観点からは、確かに外れちゃってますね(笑)。

  2. しば より:

    返信ありがとうございます

    なるほど、確かにそういった挑発に乗ってしまって、いつものスタイルとは逸脱した戦い方をしてしまうと相手の思うツボというワケですよね。
    そう考えると、宮崎選手も実は冷静だったのでしょうね。
    『とてもじゃないが敵う相手では無い』と。

    これは、一見、素晴らしい事なのかとも思うのですが
    ジョジョのダービー戦(弟編)で花京院やジョセフが魂抜かれた時のように、自ら負け(もしくは負けの可能性が高い)と認める事にも繋がりませんかね?
    どうなんでしょう、この辺りは難しいなぁと思いながら読んでおりました。

    一方、格上側である方も、心身共に成熟してないとラクには勝てないという事ですよね
    手抜きや油断などしたら一気に形勢は変わってしまうという典型的な戦いですもんね、ボクシングって

    やはりメンタル(心)の部分が大切なんですね、人間って

    いま、紙面を騒がせている清原も心技体の最初の一文字に若干の隙があったのでしょうから。
    『ほぼ完成はされていた』ハズなんです。
    じゃなければ、あんな凄い成績残せませんから。
    この事件で清原が色んな人からボロクソに言われていますが、彼が凄かった事には変わりは無いのです。
    ほんの少しだけ亀裂が入ってたのですよね。『心』に。

    あれ?
    ここのブログって何のブログでしたっけ? 笑
    (悪ノリしてしまいました)

    1. atsushi♪ より:

      しばさん、真摯なコメントありがとうございます。

      このブログは男道を語るブログなので
      何ら問題はありません!

      良く見て下さい!
      ブログのタイトルにも「極男」と書いてます。(嘘)

      宮崎選手の対応については

      『そういう戦術もある』と言うだけで、第三者が語る事は全てが仮定の話なので、本当の所は本人にしか分からないでしょう。

      まぁしのごの後から理屈付けは出来ますが、

      最終的には「強い奴が勝つ」と言うより「勝った奴が強い」と言う事で。

      勝敗もそれぞれ個人の価値観が影響しますが。

      例えば卑怯な事をしても生き残ればそれで良いと言う価値観の奴にとっては生き残ればそれで勝ち。

      私の記憶ではダービー戦(弟編)ではジョセフは魂抜かれてなかった様な気がします。

      確か弟には承太郎とジョセフが組んでイカサマ勝ちしたと記憶しています。ジョセフは兄貴編で負けました。

      ジョジョの話は良いとして(笑)

      ただ私も現役時代、色々な結果論を聞きましたが、
      結局勝つ奴は勝つし負ける奴は負ける。

      孫氏の兵法で言えば、
      「敵を知り、己を知れば100戦危うからず」とか言う言葉がありますね。

      敵を良く知る事で勝機を見出すと言う意味もありますし、

      勝てない相手とは戦わない。
      だから「100戦危うからず」と言う意味もあると思います。

      付け加えると「勝つ為に勝てるまでやらない」と言う理由もあるのでしょう。

      敵と己を知れば自ずとその正確な判断が出来る訳ですし。

      敵を知り、己を知り、事実を認めて勝つための対策を練るのは、決して負けを認めた事ではないと思います。

      鬼塚勝也さんは、最悪の状態を想定してイメージトレーニングする強さがありますよね。

      その正確な判断と言うのは難しいですね。
      ボクシングやっている奴なんて「俺の方が強い!」と
      思ってしまう奴も多いですし、

      客観性を失うと、少ない勝機に最大限の期待を寄せてしまう事もあるでしょう。

      しばさんに対して言っている訳ではないのですが、

      素人って「絶対勝つ!」って言葉が好きなんです。

      でもこの世に絶対なんてものはないですし、
      それがましてや勝負の世界で言えばより絶対はない。

      言葉の力も強大なので、
      その言葉を吐く事や念じる事も良いとは思いますが、

      本当に確固たる強い思いなら他者に吐いて自分にプレッシャーをかける必要すらないですよね。

      手前で勝手に心に決めて決意しておけば良いですから。

      私も清原を思ってました。
      心技体、本当に難しい課題です。

      ボクシングで言えば、意識を刈り取られるので
      優れた身体能力、つまり体の前に心を刈り取られてしまう事もありますし

      ただ、もちろん優れた体を技につなげるのも
      その練習を行うのも、冷静さも優れた心なくしては不可能でしょうし

      本当に難しい問題です。

      しばさんは、野球に情熱を注いだ時期がある様なので、
      余計に清原の事はショックでしょう。

      ただ事実は事実なので

      彼が成した実績は事実。
      彼が多くの人に夢を与えた事も事実。

      だからこそ第三者は余計にショックを受ける訳ですが、、

      心の隙間ってのは誰にもあるものなんで、
      したり顔して清原を評価する奴もあまり好きではないですが。

      ただ覚せい剤が悪ってのも、
      社会を安全に保つ為の所詮は人が決めたルールなので

      清原が所詮は覚せい剤をやった。ってだけの話程度に私は思っております。

      ある部族は麻薬やってトランスきめて
      精霊が宿ったぁぁ~とか言ってますしね(笑)。

      ただし人としてのプライドとして
      やはり麻薬は手前の脳内から出すべきでしょう。

      麻薬やっちゃったけど
      野球人として清原が凄い事には代わりはないでしょう。

      他人の評価なんざ所詮はいい加減なものであり、
      他人の評価など、所詮は他人の課題であり、自分の課題ではないので

      やはり原点回帰を大切にして欲しいです。
      私も含めて・・・南無・・・・

  3. しば より:

    返信ありがとうございます

    ジョジョの件は確かに完全に勘違いしてましたー
    (ジョジョの話だけでも飯三杯はいけますね 笑)

    なかなか哲学的な内容になってきて、いよいよ
    『あれ?ここは何のブログ?』状態に 笑

    個人的には、こういう話は大好きです。
    なのに、なかなか、そこまで思考を巡らせている方とお会い出来ないので、Atsushiさんの考えを伺うのはホント好きですね。お世辞ではなく。

    Atsushiさんは麻雀ってやりますか?
    相当強い(強くなる)と思います。

    基本的に『俺は強ええ、俺だけがアガリまくるー!』
    って奴は大した事無くて

    『他人(自分以外の3人)の動きを止めて、結果、自分が勝てたら良い』
    って思考の人が強いんですよね麻雀って。

    なので、ハッキリ言って性格悪い奴が勝ちます。
    (Atsushiさんの性格が悪いだなんて言ってませんからね 笑)

    私は麻雀の段位(そんなものがあるのです)で5段とか持ってるくらいホント麻雀が好きなんですけど、これはタクシーでも生かせる場面はあるかなと思ってます。

    例えば
    『大きなイベントがあるぞ!有明に行くぞー!』
    って思考は
    真っ直ぐ

    『みんな有明行くなら、都心部居たらよくね?』
    が、真っ直ぐじゃない思考

    だとするならば、私は後者の思考をするタイプかもしれません。

    裏をかけば良いってもんじゃないとは思うので、その辺りは運も左右してくるとは思いますけれど。

    1. atsushi♪ より:

      しばさん、コメントありがとうございます。

      結果が全てであり
      罪の無い他人に迷惑をかけない事であれば、
      情状酌量の余地はあると思っています。

      法律ってのはベストどころかベターにすらなってないもので

      所詮は社会バランスを保つ為のものですから。
      法律=正義ではないですし
      会社のルール=正でもない。

      改正が必要な少年法などバランスの悪い法すらあります。
      最近話題の憲法9条などもそうでしたね。

      馬鹿がいればルールなど決まりも強まります。

      財力で裁判の結果も随分変わりますしね。

      最終的には手前の価値観の問題でしょう。

      『プライベート・ライアン』にあった

      「俺は何か誇りを持てるものを持って帰りたい」
      と言うセリフがあった様に(確か・・・?)

      麻雀、パチンコなど
      私は全くもってやりません、って言うか出来ません(T_T)

      確かに「向いてる」と将棋や麻雀をすすめられた事はあります。

      どうなんでしょうね。
      やってみないと分かりません。

      しばさん強いのでしょうね。

      今までの経験から
      経営者や軍師に向いていると言う判別された事はあります。

      自分でも「そうかもな」と思っています。

      ただし攻撃タイプなので
      「待ち」に弱い弱点はあると思います。

      エスカレーターで立ったまま上に行った事がありません(笑)

      必ず右側を歩きますし、
      むしろ階段の方が好きだったりします。

      反面、自分の弱点を知る所は私の強さとも思ってます。

      > 例えば
      > 『大きなイベントがあるぞ!有明に行くぞー!』
      > って思考は
      > 真っ直ぐ
      >
      > 『みんな有明行くなら、都心部居たらよくね?』
      > が、真っ直ぐじゃない思考

      そうですね。

      戦術でも各個撃破戦法もあれば、
      包囲網を布くものもあり、

      各個撃破は基本的に少数側が大の敵を
      時間差などをつくり、分散させ小さな個にして叩く

      包囲網は逆に多数側が
      相手に各個撃破戦法をとれない様に時間差をなくし
      逃走ルートすら塞ぐ形で包囲して攻める。

      上でしばさんが記載された内容であれば、

      やはりイベントは狙うべきでしょう。

      ただし狙う為に時間ロスが生じる様であれば、
      移動時間は無駄になる。(そう言う奴も多い)

      あとは知っても行動しない奴が8割と考えれば、
      やはりイベントは狙い価値はあると思います。

      もう一つしばさんの考えであれば、

      イベント終了があるのなら、イベント開始もあり、
      有明なら東京駅からの客が多いです。

      と考えると皆が狙う「帰り」だけではなく
      「送り」として東京駅などを豪うと言う方法もあるかと思います。

      三角錐が見る角度により形が変わる様に、
      色々な視点からものを見るのが大切なんでしょうね。
      ありがとうございます。

  4. 宮崎辰也 より:

    今さら見つけてしまいました。

    コメント残しておきますね(笑)

    ありがとうございます!

    1. atsushi♪ より:

      おおっ!宮崎選手実名投稿ありがとうございます。
      実名って所がボクサーらしいですね。
      一応私も名乗っておきます細谷厚志です。

      在り来りですが応援しております。

コメントを残す


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この人が書いた記事  記事一覧

  • 平均も4万後半と人が少なく厳しい月曜日、目を皿のようにして集中力を維持し、着待をただ何となく待っているのでは意味がないと感じた一日でした。

  • 金曜と言う事で都心を中心として仕事を行います。空車の多い場所もうまく空車を避けて実車に繋げる事が大切と改めて感じました。

  • ニュージーランドの良く出来た交通安全啓発のCM

  • 夜には客足が減る曜日と時期なので着待を絡めて実車率を上げる。取りこぼしが課題。

関連記事

  • 上池袋でタクシー事故~悲惨な事故と自動運転の未来~

  • タクシードライバーにとって電車遅滞は恵み

  • 本年度も宜しくお願い致します。

  • 煽りクラクション馬鹿はやっぱこれだね。

  • お客様からいただいた「天のや」の卵サンドウィッチ

  • こんな運転手は嫌い!