1. TOP
  2. 事故らない為に過信せず恐がりくらいで行っちゃいましょう!

事故らない為に過信せず恐がりくらいで行っちゃいましょう!

同僚が銀座で事故った様だ。

自分自身も銀座で後ろも見ずにバックしてきたタクシーに出会った事がある。

その時は滅多に鳴らさないクラクションを鳴らして 私がいる事を伝えたので事なきを得た。

どんな状況かと言うと、、、図解にしないと説明が難しいので また時間ある時に

 

こんなチンケな私に下の2つを応援クリックいただけると喜びます。
[icon image=”arrow4m-g-b”][icon image=”arrow4m-g-b”][icon image=”arrow4m-g-b”]
ドライバー ブログランキングへ
にほんブログ村 その他日記ブログ 運転手・ドライバー日記へ
にほんブログ村

 

えっ?!押してくれなかったの?

シブイねぇ

 

とにかく私は恐がり屋さん。

だって私、運転そんなにうまくないもの

チーターの様な反射神経も持ちあわせておりません。

動物の中で身体能力が断トツに低い種族のヒューマンですから~

と言う事で以前書いた⇒予測と安全~yahooカーナビの勧め~

 

続いて予測に役立つ動画達

 

自転車交通安全動画も良いですね。

自転車は危ないですからね、奴等の動きの「かも知れない」を増やすのにいい感じです。

https://youtu.be/ZlywoBEGI9o

 

人間である以上、絶対は断言できないものですが、

絶対に事故はしない! そういう気持ちで仕事に取り組んで行きたいですね♪

 

グダグダ言い訳はいけませんが、恐がりは良いと思います。

恐怖を知らない奴は駄目だと思いますから

馬鹿は恐怖を知らぬ故に未熟

そういうのは強いとはいわん

 

自分のウィークポイント知るのも安全運転には大切ですよね。

私は無駄に張り合わず、譲るタイプの運転をする方ですが、

クラクションや、明らなタイミングとスピードで譲ってやったのに挨拶しない奴とかに

結構、カッと来てしまう方ですね。

 

神よ彼等は知らないのです。自分が愚かである事を

それくらい大らかな気持ちで仕事にあたっていければと思います。

 

最後に運転に役立つと思うバガボンドの言葉を載せます。

武の道も運転も、ともかく色々なものが通ずる所ありますね。

 

標識ばかり見てませんか?人が飛び出して来ますよぉ、逆も然り

タクシーは悪い言い方すれば脇見運転稼業

だからこそ全体を見る様にすると安全と同時に反対方向のお客様に気付けたり、、

「誰が?」とか「◯◯だから?」じゃねぇ~んだよ!

売上や接客気にしすぎて力まない(^_^)

売上の調子が良い時、気持ちがはやった運転していないか自己確認。

迷いのある運転は危険。

場所によっては迷って危険なくらいなら止まっちゃいましょうよ。

 

本日の記事がお役に立ちましたら

下記の2つを力まず、ためらわずクリックしちゃってくださいまし

[icon image=”arrow4m-g-b”][icon image=”arrow4m-g-b”][icon image=”arrow4m-g-b”]
ドライバー ブログランキングへ
にほんブログ村 その他日記ブログ 運転手・ドライバー日記へ
にほんブログ村

\ SNSでシェアしよう! /

現役タクシードライバー(東京23区)の楽勝日誌!の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

現役タクシードライバー(東京23区)の楽勝日誌!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

atsushi♪

コメントを残す


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この人が書いた記事  記事一覧

  • 平均も4万後半と人が少なく厳しい月曜日、目を皿のようにして集中力を維持し、着待をただ何となく待っているのでは意味がないと感じた一日でした。

  • 金曜と言う事で都心を中心として仕事を行います。空車の多い場所もうまく空車を避けて実車に繋げる事が大切と改めて感じました。

  • ニュージーランドの良く出来た交通安全啓発のCM

  • 夜には客足が減る曜日と時期なので着待を絡めて実車率を上げる。取りこぼしが課題。

関連記事

  • 安全運転の為に3~結論から言う~

  • 安全運転の為に~よくある事故例~

  • 上池袋でタクシー事故~悲惨な事故と自動運転の未来~

  • 発信と受信(捉え方)

  • ニュージーランドの良く出来た交通安全啓発のCM

  • 安全運転の為に~過剰なお客様姿勢が事故を招く~